MENU

カードローンの返済に困った時にはどうしたらいい?

カードローンはコンビニのATMなどでとても気軽に借り入れがきるので預金口座からお金を引き出すかのような感覚になってしまう方もいるようですね。それで借りすぎてしまって返済しきれなくなってしまったという方も少なくありません。そんな時はどうしたらいいでしょうか?

 

まずは、今月分が支払えないと分かった時点で借入先の金融機関に連絡を入れます。今月は返済ができそうにないということを伝えて返済計画の変更の相談に乗ってもらうことができます。その時に大事なのはなぜ返済できないのか、今後、どのような計画なら返済が可能なのかをしっかり伝えることです。何とかして返済したいという誠意と現実的な返済計画を提示できなければ調整に応じてもらえません。もし、返済計画を調整してもらえたら毎月返済が遅れないようにきちんと返してくださいね。

 

しょぼーん

返済プランを変更してもらえなかったり、すでに数か月督促状を放置していたなら、裁判所を通して民事再生の手続きをとることができます。民事再生の手続きをすれば、住宅ローン以外の返済額を減らしてもらえ比較的楽なペースで返済していくことができます。

 

完済するのはどう考えても無理だと思う場合は、裁判所を通して自己破産の申請をすることができます。自己破産は民事再生と違い、住宅や高価な所有物は手放さなければなりませんが借金が帳消しになります。返済のストレスから解放されるので再出発がしやすいといわれている方法です。

 

このように返済が難しくなった時にとれる方法はいくつかあります。返済ができないからと言って督促状を放っておくと最後には強制執行になり給与の差し押さえなどが行われます。住宅ローンの返済を放っておくと家が競売にかけられてしまいます。ローンの返済ができなくなってしまったときは早めに手を打ちましょうね。