賃金業法 総量規制

MENU

貸金業法の総量規制とは

夫婦

カードローンを利用できる金融機関には銀行や消費者金融がありますね。カードローンは限度額以内なら何回でも自由に利用できるのでとても便利なサービスです。さて、銀行は銀行法に基づいてカードローンサービスを行いますが、消費者金融は貸金業者なので、貸金業法に基づいてカードローンのサービスを提供しています。これによって、専業主婦や個人事業主の申し込みの際の提出書類なども違ってきます。

 

貸金業法の中には総量規制というのがありますが、総量規制は、貸金業者がカードローンの申込みをした人にお金を貸す場合は、その人に年収の3分の1までの額しか貸してはいけないという規制です。これは、消費者が借りすぎで多重債務に陥るのを防ぐために、施行されるようになったルールです。この総量規制によると専業主婦など自分に収入がない人は借り入れができないことになるのですが、総量規制には例外というのがあって、「配偶者の年収と合わせた額の3分の1まで」なら貸し付けができることになっています。ですから、自分に収入がない専業主婦がカードローンを利用することもできるということです。ただし、収入0円の専業主婦が借り入れができる額は配偶者の年収の3分の1までとなります。

 

総量規制があるので、専業主婦がカードローンを利用する場合は、申し込みの時の提出書類も多くなります。提出する書類は、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類に加えて、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類になります。ですから、専業主婦が消費者金融などの貸金業者にカードローンの申込みをする場合は、必ず配偶者に相談しないといけないことになります。相談せずに、勝手に自分で同意書などを書いて提出すると、私文書偽造になるので注意してくださいね。